ピックアップ!

全一覧

1 / 3112345...102030...最後 »
  • epoca132book2
    367.5/ダン
    濱田智崇、『男』悩みのホットライン∥編 ミネルヴァ書房 2018年
    男性たちが抱える男性ならではの「生きにくさ」。日本で初めて男性専用相談窓口を開設した著者が、現代に生きる男性特有の悩みを事例別に検討すると共に、具体的な支援を紹介します。「男もつらいと言ってもいいのだ」というメッセージが伝わってくる本です。
  • epoca132book1
    367.5/イト
    伊藤公雄、山中浩司∥編 大阪大学出版会 2016年
    男性の自殺率は増え、若いうちから寄る辺のない男子が増えた今、男性自身がより生きやすい社会を作っていくことを求められる時代が始まろうとしています。変化にとまどいながらも、「男らしさ」という古い価値観から脱皮するために何ができるのかを考える1冊です。
  • 77comic
    726.1/カワ/1~4
    川原泉 白泉社 2009年
    舞台は宇宙時代を迎えた24世紀。人手不足を解消するために生み出された「ブレーメン(働く動物たち)」が乗務員の大型輸送船・ブレーメンⅡの冒険を描いたSFコミックです。ブレーメン達が現実世界では誰に置き換わるのかを考えながら読みたい作品です。
  • 77gfe
    GF/E
    ノートン ジャスター∥文 クリス ラシュカ∥絵 BL出版 2007年
    おばあちゃんとおじいちゃんの家の台所の窓は、わたしにとって特別な窓。この窓の近くで楽しくって大切なことがいっぱいおこるの。共働きの両親が仕事のあいだ、おじいちゃんおばあちゃんと孫が過ごす楽しい時間を明るい色彩のイラストで描きます。
  • 77book4
    599/ソフ
    森戸やすみ∥監修 日本文芸社 2017年
    「お風呂あがりに白湯は飲ませないの?」かつての常識も今では昔のこと。昔の子育てを押し付けて、子ども世代を悩ませてはいませんか?今と昔の子育ての違いを、イラストや図解でわかりやすく解説します。孫のお世話のために、祖父母世代がバージョンアップしたい情報がいっぱいです。
  • 77book3
    599.0/スガ
    菅谷洋司 東方出版 2016年
    孫娘が病気になったら、さぁ出動!共働きの息子夫婦に代わって面倒をみるのは育ジージ。小さな子どもとの意思疎通の仕方、ジージバッグの必需品、病気になった時の看病のコツなど、さまざまな育ジージ体験を伝授します。祖父が孫育てに関わるメリットが伝わってくるエッセイです。
  • 77book2
    367.3/オオ
    大日向雅美、読売新聞東京本社 東京堂出版 2013年
    「孫かわいさゆえ」の落とし穴にはまっていませんか?祖父母になるということは「自制」に尽きる、と新聞で人生相談に回答してきた著者は言います。孫をめぐる人間関係の悩みから、「祖父母と孫との関係」について考え、孫や子ども夫婦と向き合うための5つの心得を紹介します。
  • 77book1
    367.7/カワ
    河村都 産業編集センター 2017年
    「無理しても孫育てするのが当たり前」という風潮に悩む祖父母がいることを知っていますか?“孫ブルー”から解放されるための、子や孫とのちょうどいい距離のとり方やお互いに自立するためのルールを紹介し、祖父母が人生の残り時間を自分らしく生きていくためのコツを伝えます。
  • 76gfe
    GF/E
    エミリー・ジェンキンス∥文 ソフィー・ブラッコール∥絵 あすなろ書房 2016年
    4つの時代を背景に“とびきりおいしいデザート”を作る様子を紹介した絵本。
    それまでは母と娘で作っていたのが、2010年には父と息子で作る姿が描かれているのが印象的です。
    あと片付けのお楽しみには思わずにっこりして しまいますよ。
  • 76comic
    726.1/ミヤ/1~4
    三山節子 秋田書店 2006年~2008年
    「決めた 私 主婦をやめるわ」
    定年を迎えた夫に、主婦業からの定年を宣言して働きはじめた妻。仕事人間で家庭をかえりみず 過ごしてきた夫は、初めての洗濯、初めての料理に四苦八苦して・・・。
    家事を通して夫婦・家族の あり方を考えさせるコミックです。
  • 76book4
    366.38/タケ
    竹信三恵子 岩波書店 2013年
    食事や洗濯、掃除、育児に介護・・・、“暮らしの営み”である労働がなぜ正当に評価されないのでしょうか。
    「見えない労働=家事」を担う人が軽視されている社会の現状に光をあて、家庭内の問題とされがちな「家事」を社会全体の問題として大きな視野で考えます。
  • 76book3
    367.3/ダン
    ジャンシー・ダン 太田出版 2017年
    「言ってくれればよかったのに」「言わなくてもわかってくれると思っていた」家事や育児をめぐるやりとりで発生するパートナーに対する“沸騰するくらいの怒り”。
    そこから脱するために、あらゆるプロにアドバイスをもらった夫婦の記録です。実際に役立つヒントがいっぱいです。
1 / 3112345...102030...最後 »