3月10日(土)女子の“働く”を考える~研究者としての経営学的視点から【中小企業支援特別講演会】募集中

  • 夜間開催
東部
中部
西部
entre_semi17_2_s

「能力で社会を支えること(仕事)」と、「子孫を産み育てること(育児)」は、どちらも尊い行為です。
従来の日本社会は、仕事は男性、育児は女性という性別役割分業で動いてきました。しかし近年は、社会の変化とともに育児と仕事を両立しようとする女性が増えてきました。ところが残念なことに、改善はみられるものの未だ「企業での恒常的な長時間労働」や「家事育児は母親(女性)の仕事であるというジェンダー意識の存続」により、女性の育児と仕事の両立という働き方は難しい状況にあります。
本講演会ではこの問題の解決策を、研究者である国保氏ならではの視点で分析していきます。女性と組織の双方にとって望ましい社会を作り、さまざまな経験を培った女性が知識を生かし、よりいきいきと過ごせる社会の提案をここ静岡から発信していきます。
新年度に向けて新たな考え方を取り入れ、前向きな人生のためのヒントを得てみませんか。
講師:国保祥子氏(静岡県立大学経営情報学部 講師、株式会社ワークシフト研究所 所長、育休プチMBA 代表)
定員:50名
参加無料

チラシPDFファイルPDFファイル
主催 B-nest静岡市産学交流センター
対象 男女を問わず、ご参加いただけます。 女性の能力をもっと活かしたい企業の人事担当・経営者の方、 これからも働き続けたい全ての女性、 育児と仕事の両立に悩むママ 子どもを持つことに不安を感じている女性、 仕事をしていくことに不安を抱える学生や若手社会人など ※ご夫婦での参加も大歓迎!
日時 平成30年3月10日(土) 14:00~16:00
場所 B-nest静岡市産学交流センター6階プレゼンテーションルーム
(静岡市葵区御幸町3-21 ぺガサート6階)
申込方法 B-nestのホームページにある「お申込みフォーム」または、FAXにてお申込みください。
連絡先 B-nest静岡市産学交流センター
〒420-0857 静岡市葵区御幸町3-21 ぺガサート6階
TEL:054-275-1655 FAX:054-275-1656
URL https://www.b-nest.jp/fentre/h29_21.html  外部リンク
備考