在宅医療・介護連携シンポジウム~医療と介護が手をつなぎ みんなで支える認知症~募集中

東部
中部
西部
0224symposium

2025年には、65歳以上の5人に1人が認知症になるといわれています。もし、「あなた」や「家族」が認知症と言われたら…。一緒に「認知症」「在宅医療」「介護」について考えてみませんか?
第一部:寸劇
「えっ?おばあちゃんが認知症?仕事は?介護は?どうすればいいの!?」

出演:SKG48(認知症地域支援推進員、介護保険研究会、医療・介護関係者等)
第二部:基調講演
「認知症に寄り添う医療と介護」
講師:宮嶋裕明氏(浜松医科大学副学長/医学部内科学第1講座教授)
第三部:パネルディスカッション
「認知症の方や家族を支える医療と介護の連携について」
座長:鳥居英文氏(とりい痛みのクリニック院長/医師)
パネラー:宮嶋裕明氏、訪問介護士、地域包括支援センター、介護支援専門員
相談会(希望者のみ)
定員:150名
入場料:無料

チラシPDFファイルPDFファイル
主催 袋井市
対象 どなたでも
日時 平成30年2月24日(土)14:00~16:00
場所 袋井市総合センター4階・大会議室
(袋井市新屋1-2-1 袋井市役所南側)
申込方法 住所、氏名、性別、年齢、電話番号を、電話またはFAX・メールで地域包括ケア推進課へお申込ください。
連絡先 はーとふるプラザ袋井(市総合健康センター)
地域包括ケア推進課 介護ケア相談係
電話:84-7534  FAX:84-7582
E-mail:chiikihoukatsu@city.fukuroi.shizuoka.jp
URL  
備考